Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2007年2月

BECOMEがCNETに特集されていました。
商品検索のエキスパートが精度向上に選んだ「人の目利き」
前々から「これはクル!」と思っていた、CGM検索とショッピングの
ワンストップサイト。使ってみたら、実際面白い。他の人にも
教えたら、やっぱり面白がってた。こういうのやりたかったな。。。
尤も、「人の目利き」って。。。 この辺にちょっとした限界を感じつつも、
一方であの検索(分類)精度の高さは人手で担保されていると言うことかと
妙な納得も。

Read Full Post »

今年最初の哀しいニュースだ。。。
ソース
 MarkeZine 
 IT Media 「ニコニコ動画がいったん終了 「YouTubeがアクセス一部遮断」
尤も、ニワンゴが自社で動画サイトを作って復活させる模様。 J-CAST
『ひろゆき氏も大好き、実況板』のテイストあふれるこのサービス。
動画は作る物じゃなくて、楽しむ物。大体、一般人に動画を作るヒマも
テクニックもないって。YouTubeとか動画とか言っていた人には
分からない感覚だろうな。。。
そうそう、YouTube。そろそろ終わりそうですね。。。

Read Full Post »

バーチャルアース、凄いっス。
ソース
 nikkeiBP なんと、都市をまるごと3次元化!「バーチャルアース」体験記
 イエイリ建設ITラボ
どうでしょ。私にとっては、こっちの方がSecond Lifeのアキハバラよりも
よっぽど魅力的に思えるのですが。
だって、ピラミッドとか行ってみたいし、南極も行ってみたいし、
あとペテルブルグとか。白夜とかオーロラもいいね。
ハマスタもいいね。行けば世界中からベイスターズファンが
集まっていたりして。そこでチャットしたりとか。
Second LifeよりもFirst Life。
でも、Second Lifeでの”貨幣経済圏”ができるかは、興味あります。

Read Full Post »

アルファブロガーを口コミ広告メディアとして扱うメディアレップが
設立された模様
ソース
 MarkeZine
まぁ、こう言うのは諸刃の刃ですね。気をつけないと、ブログの”信用力”を
損ねてしまいかねないし。流石に「SONY万歳」とか提灯記事は書けないでしょ。
でも、書かないと次の仕事は無いしね。。。
そういえばこんな記事も
 有名ブロガーの情報の信憑性は知人・友人よりも低い
つまりは、専門性に合った口コミ広告にしないと厳しいね。
尤も、そんな小銭稼いでどうするのかな・・・ こういう人たちは
リアルで仕事を得るためにブログをしていると思うんだけど。

Read Full Post »

世界初かもしれない広告アイデアの通販サイト オシウリ
どれを見ても”上手いなぁ”と思う。
広告の役割はせいぜいAttention止まりとすれば、
かなり達成できるアイデアが揃っている。
ただ、とても重要だなって思ったのは、ここに出てくる
クリエイティブって、シロウトでも充分作れるレベル。
それだけに、アイデアのすばらしさが浮き彫りに
なってくるのだけど、こうした”天才”的クリエイターの
アイデアとシロウトの”数撃ちゃ当たる”的な集合知が
戦った場合、果たしてどちらが勝つのだろうか?

Read Full Post »

スウェーデン大使館設立 -Garbagain News
 セカンドライフ内のスウェーデン人をサポートする、
 というわけではなくて、単純にスウェーデン政府が
 情報発信を行うというもの。
 同記事内にある「フランスで左右勢力が政治論争」
 というのも興味深い。セカンドライフ内で選挙活動が
 行われる日もそう遠くはないのか。
大阪があるらしい -テレビとネットの近未来
 通天閣も建設中。コンビニには笑った。思わず、”ヤン魂”を思い出した。
 そう考えると、これまでのオンラインゲームから
 セカンドライフに応用できるヒントみたいなのは
 結構あるんだろうな・・・
プロモ効果測定 -CNET Japan
 プロモーション支援 -CNET Japan
 そして、めざとい企業がいろいろと一攫千金を
 夢見てサービス提供を開始する。実際、たいした
 広告・プロモーション活動をどこもやっていないのに、
 需要はあるのかしら?
その他、電通がデジハリと研究会を発足、なんていう記事も
ありました。電通がLindenLab.と情報交換を
していたいというのはちょっとビックリ。
だけど、むしろ”電通が創る”、ぐらいの気概は
無いのか?
個人的には、日本語版もまだ無いのに、
少々バブル的な感じが否めない。
This is a just game, for U25 has enough time to roll-playing in second life.
と思っています。そんなヒマ無いって。
経済か時間か。現実のどちらかを打破できる
くらいのメリットが無いと。

Read Full Post »